スポンサーリンク

【体験談】おじの入院記録 ~生まれて初めての手術編~

入院記録おじの入院記録

手術ってどんな感じなんだろ?

【前回までのあらすじ】

ひょんな事から先天性の心臓弁異常が発見され、生まれて初めての手術をする事が決まりました。

初めての入院生活。

色々と検査を受け、だらだらと病室で映画を観て過ごす日々。

そして手術前日、全身の毛を剃る儀式が待ち受けていました。
これは知らなかった!
剃った後看護師さんたちにじろじろ見られる恥ずかしさ…

今回の記事では、手術直前から手術開始するまでの様子を、紹介して行きます!💨

※この記事では、おじ=私、おば=妻としてお読み下さい

いよいよ手術するよ

手術直前

前日の辱めの儀式(全身ツルツルの刑)を終え生まれて初めての手術当日を迎えました。

心なしか寒い…

おじ
おじ

体毛って大事なんだなぁ

普段気にならないけどやっぱり毛があると少しは暖かいんだなぁ🤔

なんて考える余裕はまだこの時はありました。

朝食はもちろん抜きです…ぐぅ~

やることないのでゴロゴロしてると、先生が来て「大丈夫ですからね~」なんて言って安心させようと声を掛けてくれます。

手術の時間はAM9:30頃からでした。

手術の準備などがあるため、AM9:10には手術室に入れるよう準備します。

手術室に持っていくもの

  • メガネ
  • シェーバー(手術が終わっていつ一般病棟に戻れるかわからないので髭が濃い人は必要です)
  • 歯みがきセット
  • ティッシュ(ティッシュはICUにもあるはずなので、少量なら大丈夫ですがどの位使うか分からないので、自分のを用意しておけば気兼ねなく使えますね)
  • バスタオル・フェイスタオル各3枚づつ

この辺の持ち物に関しては、事前に看護師さんが説明してくれますよ!
持ち物の用意が出来たら看護師さんに渡します。

わが家にあるバスタオルは、全てニトリのスリムバスタオルです。
どうやら私の担当の看護師さんは、スリムバスタオルを知らなくて私のバスタオルを見た瞬間

「ちっちゃ!」

心の声が出たって感じでしたね😅

これは恥ずいね

なので最低1枚は大きめのバスタオル(普通のサイズで十分です)を用意すると、恥ずかしい想いをせずにすみます。(笑)

患者が手術直前にする準備(私の場合)

  1. トイレに行く(出来れば大きい方は行っておきたい)
  2. コンタクトレンズをはずす(これから深い眠りにつくため)
  3. 全身を温かいタオルで拭く(なるべく菌を手術室に持ち込まないため)
  4. 同室のおじはんに「行ってきます」を言う

こんな感じです。

私の場合、この段階でもまだ緊張はありませんでした。
緊張がないというよりも実感がないという言い方が正しいかもしれません。

「本当に手術するのかな?🤔」

そんなこんなで、手術室向かう時間になります。

看護師さんが車いすを持ってきてくれて乗り込みます

おじ
おじ

そう言えば、この時生まれてはじめて車イスに乗りました。

手術室のすぐ近くに談話室があって、ここに手術する人の家族が待機します。

という事で、私が手術室に入る時間に合わせておばが来てくれてました。

おばと一言二言話をして手術室に向かいます。

さあ!いよいよです!

ついに手術室の中へ

手術室への扉に入り、待機するスペースで呼ばれるのを待ちます。

少しすると、手術の担当看護師さんが来てくれます。

まず、本人確認のため名前・生年月日・どこの手術をするかを聞かれます。
その次は検温、血圧測定、昨日眠れたかなどの問診などを行います。

それが終わるとようやく手術室へと向かいます。

実はまだこの時点でも全く緊張感がありませんでした。
「このまま手術台に寝かされ麻酔で眠るんだろうな」

なんて呑気に考えておりました(^-^;

そして手術室の扉が開き私が見た光景は…

人がめっちゃいる!

正確には分かりませんが、ざっと20人くらいいました。

てっきり数人でやるもんだと思っていたので、そりゃぁびっくりですよ!

いや~
無知って恥ずかしいですねー

ついさっきまで余裕こいてたのに急に心臓バクバクですよ!

看護師さんに「こちらですよー」と手術台に案内されて仰向けに寝た瞬間!

20人くらいの人たちが一斉に私に群がってくるわけですよ!
群がるっていう表現は悪いですね💦すみません

皆さん私が来ないと手術の準備ができないから待っててくれたんですね。
で、私が来たので一気に取り掛かったという感じです。

私が理解できてたのは麻酔の先生が準備をしている様子くらいでした。

そして…

「今から眠くなりますよ~」

・・・

・・・

グー💤

・・・

…さん …さん …じさん シンジさん

シンジさん。シンジさん!聞こえますかー?

麻酔から目覚めた時には、手術は終わりICUに運ばれていました。

覚醒したときに傍らにいたのは執刀してくれた主治医の先生とICUの先生でした。

ついさっきまで朝だったのにもう夜になっていました。

先生が確か、「もう夜の9時だよ」って言ってたので、おそらく12時間ほど眠っていた事になります。

なんだかフワフワしていて目覚めたばかりなのにすごく眠かったのを覚えています。

そして…

グー💤

おやすみなさい

おじ
おじ

とにかく眠かったんですよ~

続きは次の記事で!

おじの入院記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おじおば散歩